B-OPEN(ビーオープン)|美容室専門不動産賃貸・売買

B-OPENは美容師さん
美容室専門の不動産屋です

「美容室開業」までには、たくさんの準備があります。
中でも最初につまづいてしまうのが物件探しです。

B-OPENは不動産屋ですので、物件探しから全てサポートいたします。

不動産屋にはない美容室の知識と、美容関係者、ディーラーにはない不動産の知識でお手伝いいたします。

開業の自己資金や融資のご相談

独立開業する多くの方が心配するのが自己資金や融資のことです。

まずは銀行の選び方、そしてたくさんある融資制度の活用方法、銀行へ提出する事業計画書の作成の仕方など、

しっかりとサポートいたしますのでご安心ください。

\ 即レス対応!/

B-OPENが選ばれる3の理由!

ワンストップで開業を可能にしました

必要なもの、必要な箇所だけ選択していただけます。

銀行の選び方、事業計画書の作成、資金計画書など「美容室開業の資金調達」はお任せください。

B-OPENの利用で開業がスムーズに!

7つの項目に入力するだけ

レスポンス良く「物件情報」が届きます

必要なものだけchoice

スピーディーに開業できます

こんな方の開業をお手伝いしてきました

今働いているサロンの退社と同時にオープンできることがベストですが、期間が開いてしまった場合は

フリーランスや面貸しサロンを少し経由してからオープンという方もいらっしゃいます。

そんな時はシェアサロンや業務提携のご紹介も可能ですのでお気軽にご相談ください。

お客様の声

ご利用いただいたお客様より感想をいただいています。そのほんの一部をご紹介します。

※実際のLINEから転写

(Aさん 東京都渋谷区)

(Bさん 千葉県千葉市)

(Cさん 神奈川県茅ヶ崎市)

\ 開業相談「年間1,000件」突破!/

美容什器の助成金を知っていますか!?

美容室開業時にシャンプー台、セット椅子等の美容什器の助成金があります。

※助成金の対象条件をクリアすること
※都道府県や時期などで助成金、補助金が対象の場合があります。この内容が全てではないことをご理解ください。


B-OPENでは美容什器の助成金もサポート致します。

美容室を知り尽くしたSpecialist! 即レス対応いたします

美容室オープンまでの流れ

STEP1

店舗探し・内見

STEP2

内装現調&見積、什器見積

STEP3

店舗条件交渉・店舗申込

STEP4

内装デザイン打合せ

STEP5

融資相談・事業計画書作成

STEP6

店舗契約・内装工事着工

STEP7

保健所準備

STEP8

販促・求人・社労士・税理士紹介

STEP9

保健所検査→オープン

よくあるご質問

契約を締結すると、原則としてその日から賃料の支払義務が生じます。

入居日は関係ありません。賃料発生日を特に定めたときにはそちらが優先となります。

貸主の承諾を得ずに、契約書で定められた使用目的以外の使用をすることは禁止されています。

これに違反すれば、事情によっては契約を解除されることがあります。

「本人が間違いなく保証することを承諾した」ということを確認するために印鑑証明を求められています。

提出が不安であれば契約に立ち会ってもらうのが良いでしょう。

保証金は賃貸借契約終了の明け渡しまでに賃料の未納やその他の債務なし、原状回復をしている場合、原則として退去時に返還されます。

しかし、敷引き特約や償却特約が契約内容に含まれていれば差し引かれて返還となります。返金時期は契約書に明記されていなければ、明け渡し後1〜6ヶ月以内が多いようです。

不動産の表示に関する公正競争規約では「徒歩1分が80mに相当するものとして計算する」と定められています。

不動産広告で徒歩分数を記載する場合は、この基準を使わなければなりません。駅徒歩1分の物件は80m以内となります。

貸主・借主の事情により、特約事項が付されることがあります。両者の合意によって新たに規定した条項を「特約」といいます。

予め適切な規定を設けておくことで、争いの際の処理が用意になり、争い自体の予防になります。個々の物件に応じた契約内容が記されている場合があるため、契約時にはよく確認しておくべき部分です。

ご相談・サービスのお申し込みはこちら 

\ 開業相談「年間1,000件」突破!/