美容室開業のための豆知識 坪と平米

美容室開業でテナントを探していると目にする言葉「坪」と「平米(㎡)」
物件の広さを表していますが、なかなか具体的な広さをイメージするのが難しいと思います。
そこでそれぞれについて簡単にご説明いたします。



「坪」は日本由来の計算方法で面積の単位を表したものです。不動産においては今も大変よく使われます。
ですが、「坪」は不動産の正式な単位としては使用できません。
不動産の表示に関する公正競争規約により、土地の面積や建物の床面積を広告で表示する場合には、必ずメートル法によって表示することとされています。

 


平米(㎡)


「平米(へいべい)」は平方メートル(㎡)のことです。
縦1m × 横1m で1㎡になります。こちらが不動産においては正式な単位となります。


換算する計算方法は?


1坪 は 約3.305785㎡ と割り切れません。そこで多く使われている換算式はこちらです。

「坪」から「㎡」を出したい時
○坪 × 3.3

「㎡」から「坪」を出したい時
○㎡ × 0.3025

 


「畳」では?


住居で馴染みのある「畳」で表すと、1坪 = 約2畳ほど の広さになります。

余談ですが、畳には様々なサイズがあります。
関西地方に多い「京間(約1.82㎡)」、関東地方に多い「江戸間(約1.55㎡)」。
そこで不動産広告では表示基準が統一されており、部屋の広さを畳数で示す場合、1畳を1.62㎡以上として表示することになっています。

○坪、○㎡といっても具体的なイメージができない場合は、大体○畳と考えると良いかもしれません。

 

テナントを探す際に広さのイメージをする時には
1坪 = 3.3㎡ = 約2畳
と覚えておきましょう。

 

関連記事一覧