美容室開業のための豆知識 小型化の傾向

小型化の傾向

2020年に入ってから現在まで開業をお手伝いさせていただいた美容室の傾向

  • 15~40坪ほど
  • セット面は多くて8面
  • シャンプー台1~3台
  • スタッフ1~5人

大型サロンは近年少なくなりました。最近は特に小型店舗が増えているように思います。
スタッフを雇用せず、「一人美容室」や「夫婦二人で経営する美容室」など、
美容室主導で顧客を選別しながら、上手にブランディングを構築する小型店舗が多い印象です。

内装や間取り

新型コロナウイルスの影響が拡大してから開業準備に入ったお客様は、やはりセット面の配置間隔をどうするか悩まれる方が多いです。

セット面の数を減らせば、当然ですが売上の上限は限られてしまいます。

難しいところですが、今のところは最大で使用できるセット面数は用意し、一席開けるなどで対処する既存のお店と同じ方法を選ばれます。

シャンプーブースを個室に仕切る、セット面周りを半個室にするなどの特別感を演出する傾向はコロナウイルス以前から増えていますが、

換気のできる造り、開けられる窓はどれくらいあるのかなど、テナントを選ぶ基準に今までとは違う視点がプラスされました。

 

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出され、美容業界にも大きな影響がでました。
家賃や人件費などの部分を考えると、今後も小型化の傾向は続くのではないかと推測されます。

 

関連記事一覧