美容室開業のための豆知識 資産となるお店

資産となるお店

「出店」にどんなイメージがありますか?

フリーランス 、業務委託が美容業界でも珍しくなくなってきました。
そんな中、「独立をして出店する」を「価値」の部分から考察してみようと思います。

「出店」は「自分の資産」をつくることだと思います。

資産=価値のあるもの

お店の運営方法は工夫、仕組み次第で安定と利益を生み出します。

フリーランスや業務委託が身軽なイメージな一方で、出店は大きなリスクを背負うように思われがちです。

しかし、お店をしっかり運営できれば価値のある資産になるのです。

例えば将来
・店長やマネージャーにお店を売却する
・シェアサロンや委託サロンに変更する
・居抜き物件として譲渡する
※居抜き物件として引き継げるかは大家さんとの交渉になります

自分がハサミを置く場合や、別の事業を始める場合でも、どれも資産として売却が可能ということです。

なぜか、それは信号機の数より、コンビニの数よりも多い美容室が、現在も毎年出店は減らないからです。

近年は国家資格のある美容師が出店をするのではなく、投資家や事業家が美容室の経営を始めています。

その理由として
・コンビニより数が多いのに巨大な大手企業がいない
・ほとんどが職人経営者
ここに戦略のある投資家や事業家は勝算があると考えてのことです。

これを聞いてどう感じますか?
美容室はたくさんの可能性の秘めている世界なのだと感じます。

数が多いから大変なのではなく、むしろアイディア次第で突出できる。

やり方次第、仕組み次第で戦略を練れば多くの資産を形成できるということだと思います。

それともう一つ、長い目で見ると相手の状況次第で居場所を奪われないという利点があります。
スペースを借りる、セット面を借りるという形態では、いつまでもその場所があることが前提です。
突然にその場所を奪われることの可能性は0ではありません。

出店をすることでお客様の通う場所を守り、自らの収入源を守れるということにも繋がります。

経営を学び、しっかり運営し、資産となるお店作りをしましょう。

 

関連記事一覧