美容室開業のための豆知識 大家と管理会社

大家と管理会社

大家とは


物件の所有者であり、貸主。
個人の場合もあれば法人の場合もあります。

 


管理会社とは


大家さんから委託され、物件を管理する会社。
入居者の管理や家賃の集金代行をしたり、共用部分の清掃の管理や設備の故障があれば対応をします。

 

所有している物件を人に貸す場合、それに伴い様々な業務が発生します。その様々な業務を大家から請け負うのが管理会社です。
管理会社は大家に連絡を取りながら入居者との窓口となります。
又、管理会社を入れずに大家が自ら管理をしている場合もあります。

 

美容室でテナントを借りる場合は内装工事などで色々なところへ手を加えます。
貸主へ許可や確認を取る機会が多いため、誰へ連絡をしたらよいのかしっかり把握しておきましょう。

 

契約の際の重要事項説明書の中に「管理の委託先」という項目があります。

「管理の委託先」に何も記載がなければ大家さん(貸主)が自分で管理をしています。
「管理の委託先」が記載されていれば管理会社が窓口になっているということです。

 

その他にもこの物件を探すまでの間に仲介業者がいます。
物件探しから内見、契約までをおこなうのが仲介業者です。
仲介業者は物件を探している方にいろいろな物件を紹介し、内見の案内をし、契約業務までをおこなう会社です。

 

契約、入居までの間に何かあった場合は仲介会社へ連絡を。

入居後に何かあった場合は管理会社、管理会社が入っていなければ大家へ連絡を入れましょう。

 

関連記事一覧