美容室開業のための豆知識 居抜き物件

居抜き物件について

居抜き物件とは、あらかじめオーナーの了解を得たうえで、退出する前に次の同業種の借り手を探し、解体の無駄を省き有効活用するという手段です。

前のテナントの設備、カウンターや棚などの造作物、家具、天井や壁の内装などを残した状態で、飲食店や美容室、歯科医院など、最近では様々な業種で見られるようになりました。

美容室ですと、シャンプー台やセット面、パーマ機などの設備がそのまま使えたり、カウンターや内装など少し手を加えて使用することで開業の費用を抑えることができます。


それぞれの立場でのメリット


物件貸主のメリット:空室期間が無く賃料収入が途切れない
前オーナーのメリット:退出時の解体費用がかからない、解約予告期間の賃料を減らせる
新オーナーのメリット:新規内装工事の費用、設備の費用が抑えられる

無料で引き継げると思っている方が多いのですが、ほとんどの場合、造作や設備などを買い取ってくださいという「譲渡」の形がとられます。

物件の貸主と「賃貸借契約」を結び、前の借主(前オーナー)と「造作譲渡契約」を結びます。
造作譲渡契約は設備、内装、器具、家具などお店の中のものを〇〇〇万円などで買い取るということです。
一括で支払う場合がほとんどです。


デメリット


内装や設備の今までの使用状況は分かりませんので、使えなかったり、すぐに壊れてしまうこともあり得ます。
その際の修理や廃棄、解体などの費用で前オーナーと問題になることがあります。
前の店舗のイメージや評判が悪ければその影響を受ける可能性もあります。
居抜き物件が出てくるタイミング、立地はこちらの思い通りになりません。
時間や期限に余裕があり、譲渡物のイメージや条件が合うかがポイントとなります。

 

内装を一から造作するとしても、費用を抑える方法は多数あります。
居抜き物件だから新規開業より絶対に安いということではありません。
立地や階数などが自分の思い描いていたものなのか、商圏調査はどうなのか、コストの面だけではなくトータルで考える必要があります。

 

関連記事一覧