美容室開業のための豆知識 原状回復について

原状回復について

原状回復とは、テナントを退去する際に「借りた時の状態に戻す」ということです。

最近は”現況写真”を契約書類へ添付し「写真の通りにして返してくださいね」という形式が多いです。

解体費用を考えるとシンプルな内装の造りにすることで原状回復の費用はおさえられます。

ただ、美容室仕様の排水設備や電気、ガスが全て整っていることは少なく、設備の部分をどこまで元に戻すかによって、解体の費用は大きく変わります。

大家さんや管理者によっては退去時の状態を見て、ここはこのままでいいよなど、柔軟に対応していただける場合もあります。

しかし基本は設置したものは撤去し、移動したものは元に戻す、壁紙なども元へ戻すという事が一般的です。

明渡しの日までにおこなわなければなりませんので、解体の工期にも注意しましょう。

そしてできることは自分たちで。

シャンプー台等の什器は買取をしてもらう、ある程度のものは自分で処分をする等。

また、その他の方法として”居抜きで退去をする”ということも可能な場合があります。

貸主にとっては空室期間を回避できるので承諾してもらえる場合もありますが、借主間のトラブル等も多いため承諾いただけない場合もあります。

まずは貸主、管理者へ相談してみましょう。

住居と違いテナントの原状回復にはそれなりの費用がかかります。

退去の通告日や原状回復の範囲など、しっかり確認してから契約をしましょう。

関連記事一覧